So-net無料ブログ作成

実際に住んでみて悪かったこと

今回は実際に住んでみて悪かったことを挙げてみます。

・3階建は階段の上り下りを頻繁に行うので疲れる。また、1回から3回に思い物を運ぶ時は大変。
 → これは仕方がないことですが。。

・2重サッシにしたので一定の防音効果があったが、外壁から音が入りかつ漏れる。
 → 厚さが薄い普通のサイディングのため、そうなのかもしれません。
   以前までは、サイディングの厚さは12mmが最低だったのですが、最近は14mmが最低になっています。
   その分若干良かったのかもしれませんが、外壁に防音サッシをいれればよかったと後悔しています。

・木造なので1階は冬、非常に寒い
 → 最近の住宅なので、冬は暖かく過ごせると思ったのですが、間違いでした。断熱したといっても、1階は非   常に寒いです。外張り断熱にするとマシになるのでしょうか。ただ、2階はまあまあ暖かく、1階と2階、3階    の気温差が非常にあります。

実際に住んでみないとわからないところも確かにありますが、もう少し情報収集しておけばよかったなあと思うところが数多くありました。

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:住宅

実際に住んでみて良かったこと

自由設計で新築の一戸建てを建てた私ですが、実際住んでみて、ここがイイという点を挙げてみます。

・なんといっても、マンションのように隣や上下を気にしなくて良いです。小さい赤ちゃんがいる家では、加害者になる可能性があるので、この点はありがたいです。マンションのころは隣や下の音が気になる神経質な性格でしたので。

・北道路の家ですが、北が広く開いているため、かなり明るい。いろいろと一戸建ての物件を見てきましたが、南道路にこだわるよりも、どのぐらい周囲が空いているかの方が、家の明るさの面では重要な気がします。南道路でも、その道路が4mほどしかなく、周囲に家が密集していたらそんなに明るく感じないはずです。

・自由に家をカスタマイズできます。とはいっても、まだ自分の思い通りのカスタマイズはできていませんが。。お金がかかりますので。

次回は、実際に住んでみて悪かったことを挙げてみます。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます