So-net無料ブログ作成

建築段階の検査

建築は順調に進み、昨日現場を見にいったら、窓がついていまいた。

ここへ来て少し後悔しているのは、以前から建築の勉強をしていればよかったなあと思っています。
どのような工程で家が作られるのか、家を作るにあたってチェックポイントはどこか、確認する事項はなど
わかっていれば、こまめにチェックできるのにと今更ながら思っています。

私たちの建物、地盤については、JIOという機関で検査、保証してもらえます。

http://www.jio-kensa.co.jp/

JIOの検査は建築段階で4回ほどあり、合格しないと次の工程に進めないという仕組みになっているようです。
このような機関があるとある程度は安心できますが、検査の細かい内容までは、素人には全くわかりません。
この前、第一回の地盤に関する検査報告所が届きましたが、素人にはどのような検査をしたか、それぞれの
検査の結果はどうだったのかの詳細はよくわかりません。全体的な結果として、「合格」ということになっていました。

家を建てる人は大概、素人。素人向けにもう少しわかりやすい報告をしてほしいですね。
品確法で10年保障が定められている今、検査機関の信憑性、透明性、検査内容のわかりやすさも向上していってほしいと思っています。

家を建てるプロセス、プロセスにおいて勉強することは非常に多いです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

不動産会社とIT最後の選択事項 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます